何故、腰が痛くなるのか? 膝の不調で球が飛ばず、力むから腰を痛める・・・

膝の不調で球が飛ばず、力むから腰を痛める・・・

先日、ゴルフで腰を痛めたという男性が来院されました。
わりかしアマチュアの競技ゴルフに参加している方なので、下手なゴルフをしているわけじゃないはずだから、どうしたらこのように腰を痛めるのか観察してみた。

左打ちの方で、右膝をかなり痛めていると言うので触れてみると、若干変形しているのがわかる。腰は痛めたと言えども、そんなに捻れているわけではない。足を触っていたら、頭にイメージが湧いてきた。それで、患者さんに・・・
飛距離が出ないでしょう!見る限り、球にはジャストミートして、真っ直ぐに飛んでいるはずだけど、球は飛ばないですね?
まさにその通りです。」「球は飛ばなくなりました。
それで、力みが入り、何かの拍子で腰に負担がかかって痛めたという感じです

右膝は、だいぶ昔に棚障害になったそうで、それから変形は始まったのでしょう。膝が緩んでしまってます。足首は問題ないので、膝さえ治めてしまえば、壁ができて、飛距離がでるでしょう。
腰は痛めているけれども、調整すれば問題なしです。

膝を重点的に矯正調整して、腰を調整して、ほとんど問題なしです。後は、膝を締めていくトレーニングをしばらくやればいいだけです。

治療後、ゴルフスイングをやってもらったら、「あっ、できる!壁ができます!」ってことで、また、腰の痛みも無くなりました (^O^)

毎日がこんな感じです。体を観れば、どういう球を打っているのかわかります。

 

矢作治療院
東京都中央区日本橋3−6−10 くりはらビル7F
03−5203−0333
tryahagi@yo-ake.com

 

矢作 晋矢作式手技復元整体治療家

投稿者プロフィール

矢作治療院院長 矢作晋
1960年大阪生まれ
プロ野球トレーナー歴51年の父の影響により、マッサージ師の国家資格を取得後に西武ライオンズにトレーナーとして入団。その後、大洋ホエールズ、読売巨人軍と渡り、21年間選手のサポートをする。2007年に日本橋に治療院を独立開業させる。独自の矢作式手技復元整体治療にて多くの腰痛、ひざ痛の患者さんを助けています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

矢作治療院

矢作治療院
〒103-0027
東京都中央区日本橋3-6-10 くりはらビル7F
TEL: 03-5203-0333
Mail: tryahagi@yo-ake.com

営業時間:
11:00~21:00 (月火水金)
15:00~20:00(土)
15:00~21:00 (木、
13:00~15:00  昼休み

受付時間:
10:00~19:00 (平日)
14:00~19:00(木、
休診日:不定期(要確認)

施術料金:
初診料:¥1、100(一般、学生)
一般:¥11、000 大学生:¥7、700
中高生:¥5、500 小学生:¥3、300
3週間以内の再診:基本¥7、700
高気圧空気カプセル:¥2、200
*VIPコース:¥16、500(90分)
施術時間は約60分です。
消費税は内税(10%)です。

*paypayのみ対応

1月の休診日予定

2020年 1月
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

木、日曜日は15時から営業

お知らせ

  1. 2019/12/28

    1月の休診日予定
過去の記事

矢作治療院公式 twitter

矢作治療院院長

矢作式手技復元整体治療家


矢作塾塾長 矢作晋

矢作治療院院長の矢作晋と申します。当院では、あなたの痛みを解消、正しい体へと復元し、健康と最高の笑顔を取り戻すことを理念としています。腰痛、膝痛、肩痛だけでなく、プロ野球トレーナー(元巨人軍トレーナー)の経験からスポーツ障害に対しても得意としています。矢作治療院に来て良かったと言われるよう日々研究しておりますので、ご遠慮なく何でもご相談下さい。お待ちしております。

ピックアップ記事

お悩み相談

  1. 2019/12/15

    お悩み相談
ページ上部へ戻る