股関節が痛くてシュートできない・・・ サッカー少年の切実な悩み

股関節が痛くてシュートできない!・・・

時々、調整のために来院している高校生のサッカー少年
左股関節(左利き)がシュートする時にズキッと痛み、
シュート出来ないとの訴えで来院された。

左股関節痛 高校生 サッカー

サッカーの練習中に、シュートをする際、
左足を後ろに引いた時に、左股関節に痛みが走る。

「了解!どうなっているか・・・うつ伏せになって」
とベッドに横になってもらって観察する。

大抵、この場合は、腰が捻じれている。

その通り、左腰が上がり捻じれが入っています。

痛みの原因は、腰が捻じれているので
その腰(腰椎)にくっついている筋肉が緊張して
足を後ろに引いた時に、引っ張られるのが嫌で
痛みとして股関節付近で感じているだけだと思われる。

いつもの通り、腰の捻じれを矯正すると、
腰周辺は柔らかくなった。

治療後、シュートの形をやってもらったら、
えっ?まったく痛みが無い!
「無いです。痛みが無いです」と
なったのです。

レントゲンを撮っても、
どんなに股関節を調査しても、分からないでしょう。

股関節の炎症というのもありますから、
ちゃんと診て、判断する必要はありますが、
経験上、ほとんどの初期の判断は当たっていると思います。

高校生にとっては、神業に見えてしまうのでしょう。
私にとっては、朝飯前です。

 

チームにとっては、股関節が痛いからと休ませてしまっては、
トーナメントの準決勝が次週にあるというのに
大変な損失となります。

本人にとっても、大事な試合に出ることが出来ない・・・
とても悲しく、憂鬱なものです。

早く治せるものは、その場で治す。
休ませる必要がある障害は、休ませる。
治療家やトレーナーという者は、
安全を考えるべきだろうけど、どこまで出来るのかの判断を
的確にする必要がある。
治せるものがあるならば、上限を上げることが出来るし、
何でも、「休め」というだけなら、学生でも出来るので、
トレーナーはいらない

 

矢作治療院
栃木県矢板市玉田416-21 コリーナ矢板 E-1133
0287-48-6848
tryahagi@yo-ake.com

 

矢作 晋矢作式手技復元整体治療家

投稿者プロフィール

矢作治療院院長 矢作晋
1960年大阪生まれ
プロ野球トレーナー歴51年の父の影響により、マッサージ師の国家資格を取得後に西武ライオンズにトレーナーとして入団。その後、大洋ホエールズ、読売巨人軍と渡り、21年間選手のサポートをする。2007年に日本橋に治療院を独立開業させる。独自の矢作式手技復元整体治療にて多くの腰痛、ひざ痛の患者さんを助けています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

矢作治療院

矢作治療院
〒329-1577
栃木県矢板市玉田416-21
コリーナ矢板 E-1133
TEL: 0287-48-6848
Mail: tryahagi@yo-ake.com

現在休業中

お知らせ

  1. 2020/8/31

    治療院再開準備中
過去の記事

矢作治療院公式 twitter

矢作治療院公式ブログ

矢作スポーツ障害研究室

矢作治療院院長

矢作式手技復元整体治療家


矢作塾塾長 矢作晋

矢作治療院院長の矢作晋と申します。当院では、あなたの痛みを解消、正しい体へと復元し、健康と最高の笑顔を取り戻すことを理念としています。腰痛、膝痛、肩痛だけでなく、プロ野球トレーナー(元巨人軍トレーナー)の経験からスポーツ障害に対しても得意としています。矢作治療院に来て良かったと言われるよう日々研究しておりますので、ご遠慮なく何でもご相談下さい。お待ちしております。

年内は休業とさせて頂いております。再開は令和3年1月予定です。お問合せはいつでもお待ちしております。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る