左中間の打球落とすでしょ? 頭の中に浮かんだビジョンを唐突に聞いてみた・・・

左中間の打球落とすでしょ?

 

右膝に痛みのある高校球児:右投げ、右打ち 外野手(センター)

右膝に痛みがある者すべてが落とすということではない。
体を触って想像するに、落としている映像が頭に浮かぶのです。

治療中に、ポジションはどこ?と聞いた。
彼は、センターですと答え、彼の動きを頭の中で想像してみた。

そして、左中間の打球を追いかけ、追いついているのに捕れないでしょ?って聞いてみたら、
えっ?何で分かるんですか?」って側にいた監督が驚いて、
「いや~、こいつこの前からポロポロと落球するんですよ」と言われていました。

打球には追いついているんですよ。
でも、右膝がこうだと止まれないので、下半身だけ前に進み、
目と左手のグラブと落ちてくる打球との軸がどうしてもズレてしまうので、
必ずグラブの土手に当ててしまうんです。

もちろんすべて落とすということではなく、土手に当てやすいので、
ギリギリ追いついている時はやりやすいかも・・・です。
逆に右中間は問題ないのです。

その後、練習や試合では、落とすことはなくなったそうです。

良かったですね。

 

矢作治療院
栃木県矢板市玉田416-21 コリーナ矢板 E-1133

0287-48-6848
tryahagi@yo-ake.com

 

LINK
矢作治療院公式ブログ https://yahagiclinic.com/blog/
真実探究BLOG☆ https://yo-ake.com/blog/
【矢作塾】スポーツweb塾 https://yahagijuku.com/
【矢作塾】公式BLOG https://yahagijuku.com/blog/

 

 

矢作 晋矢作式手技復元整体治療家

投稿者プロフィール

矢作治療院院長 矢作晋
1960年大阪生まれ
プロ野球トレーナー歴51年の父の影響により、マッサージ師の国家資格を取得後に西武ライオンズにトレーナーとして入団。その後、大洋ホエールズ、読売巨人軍と渡り、21年間選手のサポートをする。2007年に日本橋に治療院を独立開業させる。独自の矢作式手技復元整体治療にて多くの腰痛、ひざ痛の患者さんを助けています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

矢作治療院

矢作治療院
〒329-1577
栃木県矢板市玉田416-21
コリーナ矢板 E-1133
TEL: 0287-48-6848
Mail: tryahagi@yo-ake.com

営業時間、施術料金等は「ご案内」ページでご確認ください。よろしくお願いします。

2月の休診日予定

2023年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

木、日曜、祝日は15時から営業です。

お知らせ

  1. 2023/1/27

    2月の休診日予定
過去の記事

ピックアップ記事

  1. プロで活躍するアスリートの方へ プロで活躍されているアスリートの方は何人か来院されています。 種…
  2. 新型コロナに関する矢作治療院の基本的考え 令和4年11月30日更新 矢作治療院としての考え、…
  3. いつも笑顔のあなたのために 私は、あなたの素晴らしい笑顔を見たくてこの仕事を始めました。 本…
  4. 交通事故で腰や膝にダメージを受けた方へ 極たまになんですが、 交通事故に合われて、腰とか膝にダメ…
  5. ぎっくり腰、慢性腰痛を治すなら、 矢作治療院が最後の砦になります。 すべてを…

矢作治療院通信

矢作治療院公式ブログ

真実探究BLOG☆

矢作治療院院長

矢作式手技復元整体治療家


矢作塾塾長 矢作晋

矢作治療院院長の矢作晋と申します。当院では、あなたの痛みを解消、正しい体へと復元し、健康と最高の笑顔を取り戻すことを理念としています。腰痛、膝痛、肩痛だけでなく、プロ野球トレーナー(元巨人軍トレーナー)の経験からスポーツ障害に対しても得意としています。矢作治療院に来て良かったと言われるよう日々研究しておりますので、ご遠慮なく何でもご相談下さい。お待ちしております。

当院実績

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る