五十肩も足腰を正せば回復が早い 〜基本的に肩は触らない〜

五十肩も足腰を正せば回復が早い 〜基本的に肩は触らない〜

四十肩、五十肩で肩が上がらないという方も多い。

肩を上げる運動をすることがほとんど無いという要因がありますが、
基本的に足腰が弱くなることから、肩への影響が増しているというのが
本当のところだと思います。

現に、五十肩の患者さんの体を診ると、
ふくらはぎの硬さ、脊柱起立筋、僧帽筋の硬さが目立ちます。

これらの硬く、縮んだ筋肉が肩を引っ張り、
腕を上げる動作を妨げているから、無理に上げようとして
肩関節周囲に異常をきたし、炎症が起き、
石灰沈着が始まると思われます。

五十肩を治していくには、
足腰を鍛えることと、背中、腰の筋肉を緩めることです。

肩をほぐしまくっても逆効果です。

もちろん、肩関節周囲の筋肉も鍛える必要があります

五十肩になる前から、肩甲骨にある棘下筋が萎縮して
肩甲骨にへばりつくようになります。
この棘下筋をほぐすことで、かなり楽になります。

ダンベルやチューブを使って
インナーマッスルを鍛えていくことが有効です。

ある程度楽になったら、
腕を肩より上に挙げる運動をやりましょう。
窓拭きなんかが一番良いかもしれません。

五十肩は、何もしなくても2年ほどかかりますが、
自然に良くなるものだと言われています。

恐れる必要はありません。

手を加えれば、はるかに早く回復します。

足腰から調整し、ほぐす。
そして鍛えることです。

動作が楽になるようお手伝いいたしますので、

よろしければ、ご来院下さい。

 

矢作治療院
東京都中央区日本橋3−6−10 くりはらビル7F
03−5203−0333
tryahagi@yo-ake.com

 

矢作 晋矢作式手技復元整体治療家

投稿者プロフィール

矢作治療院院長 矢作晋
1960年大阪生まれ
プロ野球トレーナー歴51年の父の影響により、マッサージ師の国家資格を取得後に西武ライオンズにトレーナーとして入団。その後、大洋ホエールズ、読売巨人軍と渡り、21年間選手のサポートをする。2007年に日本橋に治療院を独立開業させる。独自の矢作式手技復元整体治療にて多くの腰痛、ひざ痛の患者さんを助けています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

矢作治療院

矢作治療院
〒103-0027
東京都中央区日本橋3-6-10 くりはらビル7F
TEL: 03-5203-0333
Mail: tryahagi@yo-ake.com

営業時間:
11:00~21:00 (月火水金)
15:00~20:00(土)
15:00~21:00 (木、
13:00~15:00  昼休み

受付時間:
10:00~19:00 (平日)
14:00~19:00(木、
休診日:不定期(要確認)

施術料金:
初診料:¥1、100(一般、学生)
一般:¥11、000 大学生:¥7、700
中高生:¥5、500 小学生:¥3、300
3週間以内の再診:基本¥7、700
高気圧空気カプセル:¥2、200
*VIPコース:¥16、500(90分)
施術時間は約60分です。
消費税は内税(10%)です。

*paypayのみ対応

3月の休診日予定

2020年 3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11

木、日曜日は15時から営業

お知らせ

  1. 2020/1/28

    3月の休診日予定
過去の記事

矢作治療院公式 twitter

矢作治療院公式ブログ

矢作スポーツ障害研究室

矢作治療院院長

矢作式手技復元整体治療家


矢作塾塾長 矢作晋

矢作治療院院長の矢作晋と申します。当院では、あなたの痛みを解消、正しい体へと復元し、健康と最高の笑顔を取り戻すことを理念としています。腰痛、膝痛、肩痛だけでなく、プロ野球トレーナー(元巨人軍トレーナー)の経験からスポーツ障害に対しても得意としています。矢作治療院に来て良かったと言われるよう日々研究しておりますので、ご遠慮なく何でもご相談下さい。お待ちしております。

ページ上部へ戻る