【腰痛の予防と対策】腰痛を克服するには下半身を鍛えること

腰痛を克服するには下半身を鍛えること

巷でよく聞くことは
腰痛にならないように
腹筋、背筋を鍛えておくこと・・・
だと思い込みさせられていると思います。

確かに
腹筋も背筋も大事です。

しかし、違うんです
まだ10代、20代ならそれでいいかもしれません。
30代を超えると下肢が衰え始めます。
下肢の鍛錬を疎かにして、
腹筋、背筋を必死にやると
腰は耐えられません。
逆に腰痛になってしまいます。

腹筋はほんの少し刺激を与える程度でいいんです。
鍛えるべきは、下半身!
足、腰の筋肉に刺激を入れておくのです。

歩くだけでいいです。

一日、3km、5km、8km・・・
出来る範囲でいいです。
目線を前に、振り子のように足が動くようになるまで
歩きましょう。

歩くことが正しく出来なければ、走れません。

走りたくなれば、走って下さい。

足腰が充実してくると
腰の筋肉も強くなり、背骨を支えることが出来ます。
たまに腰が重たくなったりすることはあります。
でも、激痛が走ることなどは、ほとんど無くなります。

それが、例えヘルニアだとか坐骨神経痛であっても
必死で歩くことで、克服することが出来ます。

腰に不安がある方は、是非試してもらいたい。

歩くこと

 

痛いからと諦めないで下さい。
痛いからこそ、自分で何とかするんです。
電気やマッサージでは、何の助けにもなりません。
治すのは、あなた自身です。

もし、
自信が無いとか、分からないとか、
腰が捻れてしまっているという自覚がある方は、
まず、体を真っ直ぐにしますので、ご相談下さい。
お手伝いさせて頂きます。

 

矢作治療院
栃木県矢板市玉田416-21 コリーナ矢板 E-1133
0287-48-6848
tryahagi@yo-ake.com

 

矢作 晋矢作式手技復元整体治療家

投稿者プロフィール

矢作治療院院長 矢作晋
1960年大阪生まれ
プロ野球トレーナー歴51年の父の影響により、マッサージ師の国家資格を取得後に西武ライオンズにトレーナーとして入団。その後、大洋ホエールズ、読売巨人軍と渡り、21年間選手のサポートをする。2007年に日本橋に治療院を独立開業させる。独自の矢作式手技復元整体治療にて多くの腰痛、ひざ痛の患者さんを助けています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

矢作治療院

矢作治療院
〒329-1577
栃木県矢板市玉田416-21
コリーナ矢板 E-1133
TEL: 0287-48-6848
Mail: tryahagi@yo-ake.com

営業時間、施術料金等は「ご案内」ページでご確認ください。よろしくお願いします。

 2月の休診日予定

2021年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

木、日曜日は15時から営業です。

お知らせ

  1. 2021/1/31

    2月の休診日予定
過去の記事

ピックアップ記事

  1. 腰痛は最終的には自分で治すもの 〜私はその手助けをしているだけ〜 ほとんどの一般的な腰痛は 悪い…
  2. 腰痛で引退を決意したバレリーナ 腰痛 20代 バレリーナ かなり昔(巨人軍時代)に知人の紹介…
  3. 〜病院での治療は限界が低い、膝の治療は手をかけること〜 最近、膝の治療に来院される方が増えている。…
  4. 筋肉には意思ある!マジ??? 実際に筋肉には意思や感情はありません。只々もののたとえとしてお話しま…
  5. 宝塚歌劇団 膝の痛み 〜膝の酷使が多い職業の宿命か〜 これもだいぶ前の話し(2009年)ですが、 …

矢作治療院通信

矢作治療院院長

矢作式手技復元整体治療家


矢作塾塾長 矢作晋

矢作治療院院長の矢作晋と申します。当院では、あなたの痛みを解消、正しい体へと復元し、健康と最高の笑顔を取り戻すことを理念としています。腰痛、膝痛、肩痛だけでなく、プロ野球トレーナー(元巨人軍トレーナー)の経験からスポーツ障害に対しても得意としています。矢作治療院に来て良かったと言われるよう日々研究しておりますので、ご遠慮なく何でもご相談下さい。お待ちしております。

院長ブログ

当院実績

ページ上部へ戻る