いつも笑顔のあなたのために

いつも笑顔のあなたのために

私は、あなたの素晴らしい笑顔を見たくてこの仕事を始めました。

本当は、孤独が好きなんです。ひとりで黙々と何かをやっていることが好きなんです。子どもの頃からそうでした。今もそういう傾向にあるかと思います。でも、父が患者さんを一発で治して、その患者さんが満面の笑みでニコッと笑うところを見てしまうと、こういう仕事もありだと感じていました。ひとりで黙々と機械なり電子機器をいじり、その仕組を想像していて、人間も言わば、精巧な機械なんだと思えば、やはり、それもありだと思ったのです。機械を直し、動かなかったものが動いたら、それは嬉しいものです。しかし、機械も嬉しいんだろうけど、笑わない。自己満足の世界でしかないわけです。人を相手にすると、そこには感情が出てきます。治った時の患者さんの笑顔はとても美しい。この違いは、手をかけないと経験できないことです。自分が嬉しいことをやる。つまり、患者さんの笑顔を見ることが、とてもワクワクすることなので、そのためにこの仕事をやっているのです。たまに機械をいじっていますけどね・・・

さて現状としては、殺伐とした現代社会、多くのストレスに囲まれ、いつしか笑顔が続かなくなってしまった。特にこの2年半は、「コロナ禍」という訳も分からない社会となって、周りはマスク姿で顔が見えなくなっている。相手がマスク顔では、表情が読み取れずストレスが溜まる一方ではなかろうかと思うのです。そんな中、腰痛や肩こり、関節痛の人が爆増しているのも事実らしい。これでは笑顔もいつしか消えてしまうのも仕方がありませんね。とにかく、おかしな社会となってしまったのです。

私は、あなたの本当の素晴らしい笑顔を取り戻してもらいたくて、この仕事をしています。

この社会を変えていくのはかなり難しい問題です。

今にでも、戦争が起こりそうな雰囲気となっています。コロナだけでなく、ウクライナやアメリカの問題も大きくなってきました。連日、テレビやラジオでは、そのことばかりです。暗いニュースばかりです。こんな状況では、笑顔も出ません。出るわけがないのです。

病気」というのは、「気の病」と言われています。笑顔を取り戻していくのに、最初にやるべきことは、『マスクを外そう』です。精神的なものからはじめてみましょう。マスク顔では、笑顔が見えるはずがありません。笑っているのか?怒っているのか?悩んでいるのか?苦しんでいるのか?・・・ぱっと見判断できますか??? だから、マスクを外すことから始めましょう。

マスクを外すのが怖いですか??? コロナウイルスなんてこの世に存在していないのに、何故?マスクをするのですか?言われた通りに奴隷のように、ただ従うのですか?その洗脳を解くには、自らマスクを外すことです。周りの言うことなんて気にすることはありません。マスクをもし、強制してきたら、それは強要罪という犯罪になります。日本では、マスクは自由です。義務にもなっていません。マスクは何の対策にもなっていませんよ。逆に病気になります。人間は、お互いに顔を見ることで精神が安定します。赤ちゃんや、子どもたちからも笑顔が消えました。笑えないのです。今一度、よ~く調べて考えてください。

ストレスを抱え込んだ体の調整は、そんなに難しいことではありません。問題は、痛みや不調の原因は、精神的なものが多くを占めているからです。直な言い方をすれば、「脳の判断」が原因であることがほとんどなんです。

体の痛みや不調は、脳が判断しているのです。炎症が起こった時、炎症物質が神経を刺激し、その刺激を脳に伝達します。その刺激量で脳がどのくらいの炎症なのかを判断します。そして、「痛い」という感覚を起こすのです。「痛い」という感覚に応じ、体をどのようにすればその「痛み」から逃げることが出来るのかをシミュレーションし、脳が司令を出します。「体を縮めろ」とか「動くな」とか「血液をそこに流すな」とか・・・

つまり、
子どもの頃からのニコニコ笑顔を取り戻すには、今の世界の情勢から考えて、まず「マスクを外す」ことが先決です。周りはまだまだマスクは外さないでしょう。それだけ洗脳が強くなっていますから。あなたがマスクを外し、笑顔になったら、羨ましい気持ちが湧き上がり、皆の洗脳が解け、マスク顔の人が少なくなっていくでしょう。笑顔が出るようになったら、脳が活性化していきます。脳が生き返ったら、体は軽くなり、「病気」は逃げていきます。

新型コロナに関する矢作治療院の考え」に書いた事柄は、真実です。真実を知ったら、もう何も怖くはありません。この世にウイルスは存在していないし、ならばワクチンも必要がないということを理解してください。これが解かれば、もう笑顔なのです。

本当なら、体の調整で笑顔を取り戻してもらうと言うべきでしょうが、今は、違います。もちろん、体の不調で笑顔が続かないという方は、いつでも体を元の状態(痛みのない状態)に近づけていきます。それが私の仕事ですから。

 

矢作治療院公式ブログも合わせてご覧ください。

 

矢作治療院

栃木県矢板市玉田416-21 コリーナ矢板 E-1133
0287-48-6848
tryahagi@yo-ake.com

 

LINK
矢作治療院公式ブログ https://yahagiclinic.com/blog/
真実探究BLOG☆ https://yo-ake.com/blog/
【矢作塾】スポーツweb塾 https://yahagijuku.com/
【矢作塾】公式BLOG https://yahagijuku.com/blog/

 

矢作 晋矢作式手技復元整体治療家

投稿者プロフィール

矢作治療院院長 矢作晋
1960年大阪生まれ
プロ野球トレーナー歴51年の父の影響により、マッサージ師の国家資格を取得後に西武ライオンズにトレーナーとして入団。その後、大洋ホエールズ、読売巨人軍と渡り、21年間選手のサポートをする。2007年に日本橋に治療院を独立開業させる。独自の矢作式手技復元整体治療にて多くの腰痛、ひざ痛の患者さんを助けています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

矢作治療院

矢作治療院
〒329-1577
栃木県矢板市玉田416-21
コリーナ矢板 E-1133
TEL: 0287-48-6848
Mail: tryahagi@yo-ake.com

営業時間、施術料金等は「ご案内」ページでご確認ください。よろしくお願いします。

11月の休診日予定

2022年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

木、日曜、祝日は15時から営業です。

ピックアップ記事

  1. 「歩きなさい」〜歩くことで筋肉に刺激を入れて復活を早めるのです〜 当院に来院される患者さんで、私か…
  2. 予告ホームラン、明日の試合でホームラン3本ね! 90年代初頭、巨人軍時代のお話しです。トレーナーと…
  3. 腰、膝、股関節などの手術の前にやるべきこと 腰椎椎間板ヘルニア、脊柱菅狭窄症、膝や股関節の人工関節…
  4. 健康な体があってこそ、人生楽しく過ごしていける 「健康な体」とは、 子どもたちや、若者はある程度…
  5. 左中間の打球落とすでしょ? 右膝に痛みのある高校球児:右投げ、右打ち 外野手(セン…

矢作治療院通信

矢作治療院公式ブログ

真実探究BLOG☆

矢作治療院院長

矢作式手技復元整体治療家


矢作塾塾長 矢作晋

矢作治療院院長の矢作晋と申します。当院では、あなたの痛みを解消、正しい体へと復元し、健康と最高の笑顔を取り戻すことを理念としています。腰痛、膝痛、肩痛だけでなく、プロ野球トレーナー(元巨人軍トレーナー)の経験からスポーツ障害に対しても得意としています。矢作治療院に来て良かったと言われるよう日々研究しておりますので、ご遠慮なく何でもご相談下さい。お待ちしております。

当院実績

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る