長年の腰痛で悩むのはもう終わりです。

ぎっくり腰、慢性腰痛を治すなら、矢作治療院が最後の砦になります。

すべてを簡単に治せるというものではありません。が、矢作治療院に来院されている腰痛持ちの患者さんたちのほとんどは、1回、もしくは2回でほぼ痛みを取ることができています。大げさな話ではなく、実際に患者さんたちから聞いたその後の状態です。
10年、20年、30年ものの慢性腰痛が、1回で治ったという話は、その患者さん自身から聞いています。もちろん、手をかけても治らない事例もあります。人間、完璧ではありませんので、同じ痛みでも、痛みの出方というか、感じ方が違うので、治ったのか治っていないのかはご本人にしか分からないものですから。

ぎっくり腰でも、色々あります。筋筋膜炎であることが多いのですが、本当に腰椎の靭帯を傷めたものは救急車で病院送りとなりますので、落ち着いてからでないと手をつけられません。
病院を退院してから、矢作治療院に来院されますが、かなり腰がねじれた状態になっていることが多いです。捻じれたものは、元に戻せばいいだけですので、大して手間はかかりません。痛みが落ち着いているので、矯正は楽だと思います。

矢作治療院に来院される方がおっしゃるには、どれだけ探して、治療を受けても、治らないということらしいです。
どれだけの数の病院、治療院、整体院、整骨院・・・があるのでしょうか。治せる技術があるなら、こんなに嘆くこともないでしょうに。それとも利益のために中途半端にしているのでしょうか。

私の性分は、ほっとけないので、1回で治せるものは、治す!
そんなのは、当たり前のことでしょう。

正月からテンションが上がってて申し訳ありません。今年の目標は、とにかく数をこなすということを決めています。
整形外科にさじを投げられたとか、いつまで経っても変化がないとか、ただただ通うように誘導されているとか・・・ ご不満があるなら、矢作治療院に一度寄ってみてください。どれだけの結果が出るのかは正直言って、確約はできませんが、精一杯その痛みに対処いたします。

PRと言うか、今年の本気をお見せします。
よろしくお願いいたします。

 

矢作治療院
東京都中央区日本橋3−6−10 くりはらビル7F
03−5203−0333
tryahagi@yo-ake.com

 

矢作 晋矢作式手技復元整体治療家

投稿者プロフィール

矢作治療院院長 矢作晋
1960年大阪生まれ
プロ野球トレーナー歴51年の父の影響により、マッサージ師の国家資格を取得後に西武ライオンズにトレーナーとして入団。その後、大洋ホエールズ、読売巨人軍と渡り、21年間選手のサポートをする。2007年に日本橋に治療院を独立開業させる。独自の矢作式手技復元整体治療にて多くの腰痛、ひざ痛の患者さんを助けています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

矢作治療院

矢作治療院
〒103-0027
東京都中央区日本橋3-6-10 くりはらビル7F
TEL: 03-5203-0333
Mail: tryahagi@yo-ake.com

営業時間:
11:00~21:00 (月火水金)
15:00~20:00(土)
15:00~21:00 (木、
13:00~15:00  昼休み

受付時間:
10:00~19:00 (平日)
14:00~19:00(木、
休診日:不定期(要確認)

施術料金:
初診料:¥1、100(一般、学生)
一般:¥11、000 大学生:¥7、700
中高生:¥5、500 小学生:¥3、300
3週間以内の再診:基本¥7、700
高気圧空気カプセル:¥2、200
*VIPコース:¥16、500(90分)
施術時間は約60分です。
消費税は内税(10%)です。

*paypayのみ対応

1月の休診日予定

2020年 1月
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

木、日曜日は15時から営業

お知らせ

  1. 2019/12/28

    1月の休診日予定
過去の記事

矢作治療院公式 twitter

矢作治療院院長

矢作式手技復元整体治療家


矢作塾塾長 矢作晋

矢作治療院院長の矢作晋と申します。当院では、あなたの痛みを解消、正しい体へと復元し、健康と最高の笑顔を取り戻すことを理念としています。腰痛、膝痛、肩痛だけでなく、プロ野球トレーナー(元巨人軍トレーナー)の経験からスポーツ障害に対しても得意としています。矢作治療院に来て良かったと言われるよう日々研究しておりますので、ご遠慮なく何でもご相談下さい。お待ちしております。

ピックアップ記事

お悩み相談

  1. 2019/12/15

    お悩み相談
ページ上部へ戻る