ワクチン接種証明運用の矛盾

ワクチン接種証明(書)の運用は矛盾だらけ

世界中でワクチンパスポート反対の運動が高まっている。
日本もワクチンパスポートを運用し、制限を設けようとしている。

気がついていますか?

私は、ワクチン接種証明の発行及び接種者全員が携帯義務を負うことは必然だと思う。
賛成という意味ではないです。危険なワクチンを接種した全員が、何時、何処で、
血栓症を起こし、最悪、死亡することがあった場合、救急隊員や病院の医師が確認をするのは
当然のことで、証明(書)があれば、いつ、どのワクチンを打ったのか、ロット番号などを
記録するのに必要となるからです。

ただそれだけです。
それだけの利用、運用ならまだ許容できます。

しかし、ワクチンパスポートで行動制限を設けることは許容できません。

買い物するにも、公共施設に入るにも、公共交通機関に乗る時にも提示が必要とならば、
それはワクチン接種の強制、義務化に等しいものになり、
人権無視になるのではないかと思われます。それこそ「イジメ」です。

もし、法的に効力を持つものとして接種証明を発行するならば、
かなりの矛盾が生じ、おかしな事態となるでしょう。

「ワクチン接種証明が必要です。提示して下さい。」とすると
例えば、レストランで従業員に尋ねてみて下さい。
「あなたは接種しましたか?オーナーは接種しましたか?みんな打ちましたか?」と・・・
ワクチン接種証明が必要であれば、それを運用する者すべてが接種済であることが当然です。

飛行機に乗れないとか言うならば、航空会社に関係する従業員、管理職、すべて接種済であるべき。
新幹線に乗れないと言うならば、JRの職員全員が接種済であるべき。
コンサートに行けないと言うならば、その会場、スタッフ、歌手やバンドメンバー全員が接種済であるべき。

わかりますか? これはワクチン強制、義務化なんです。

また、このワクチン接種証明を推し進める議員、医師等はその責任に於いて、全員接種済であるべきです。
国会議員はまだ1割程度の接種率らしいですが。全員接種しなければ、国民に強いる資格はありませんよね。

おかしいです。

私は接種しません。義務化と言われても拒否します。当然の権利です。

未接種者が疎外、迫害されるなら、仕事は辞め、疎開し、自給自足で生きていけるよう
コミニティを作り、自分たちを守ります。戦います。すべてを捨ててでも・・・

 

よくよく調べて、考えてください。

 

矢作治療院

 

 

 

矢作 晋矢作式手技復元整体治療家

投稿者プロフィール

矢作治療院院長 矢作晋
1960年大阪生まれ
プロ野球トレーナー歴51年の父の影響により、マッサージ師の国家資格を取得後に西武ライオンズにトレーナーとして入団。その後、大洋ホエールズ、読売巨人軍と渡り、21年間選手のサポートをする。2007年に日本橋に治療院を独立開業させる。独自の矢作式手技復元整体治療にて多くの腰痛、ひざ痛の患者さんを助けています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

矢作治療院

矢作治療院
〒329-1577
栃木県矢板市玉田416-21
コリーナ矢板 E-1133
TEL: 0287-48-6848
Mail: tryahagi@yo-ake.com

営業時間、施術料金等は「ご案内」ページでご確認ください。よろしくお願いします。

 9月の休診日予定は未定

2021年09月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

木、日曜、祝日は15時から営業です

ピックアップ記事

  1. 交通事故で腰や膝にダメージを受けた方へ 極たまになんですが、 交通事故に合われて、腰とか膝にダメ…
  2. 腰痛を克服するには下半身を鍛えること 巷でよく聞くことは 腰痛にならないように 腹筋、背筋を鍛…
  3. 宝塚歌劇団 膝の痛み 〜膝の酷使が多い職業の宿命か〜 これもだいぶ前の話し(2009年)ですが、 …
  4. お知らせ 現在、新型コロナワクチン接種者の施術はお断りしております。理由は、院長ブログ等をご覧…
  5. 相撲の四股踏みと蹲踞の姿勢の意外な効果とは? 相撲のトレーニング、つまり力士が行う稽古の基礎的な鍛…

矢作治療院通信

矢作治療院院長

矢作式手技復元整体治療家


矢作塾塾長 矢作晋

矢作治療院院長の矢作晋と申します。当院では、あなたの痛みを解消、正しい体へと復元し、健康と最高の笑顔を取り戻すことを理念としています。腰痛、膝痛、肩痛だけでなく、プロ野球トレーナー(元巨人軍トレーナー)の経験からスポーツ障害に対しても得意としています。矢作治療院に来て良かったと言われるよう日々研究しておりますので、ご遠慮なく何でもご相談下さい。お待ちしております。

院長ブログ

当院実績

ページ上部へ戻る