「膝関節」

膝の痛みの原因と対処法

膝の痛みの原因

膝の痛みの原因は多種あると思いますが、
スポーツをされている方は外傷性または過負荷によるもので、
一般の方では、半月板のズレによるものが多いでしょう。

ここでは一般の方の半月板のズレによる
膝の痛みについて書いていきます。

半月板のズレによる痛み

膝関節の内部、大腿骨と脛骨の間になりますが、
軟骨でできた座布団のようなものがあります。
それが「半月板」と言われるもので、
内側と外側にそれぞれ挟まっています。

その半月板が捻り動作などの繰り返しで
少しづつズレが生じ、違和感を覚えるようになって
それが痛みへと発展していきます。

わずかなズレであると、動いているうちに
元の正常な位置に戻っていくのですが、
年齢とともに膝関節が硬くなると
動いても戻りにくくなってしまいます。

半月板がズレていると、関節内で挟みこんでしまったり、
押しつぶしてしまったりする原因となります。
また、半月板のズレで膝が不安定になり、
余計な動きが出るようになって、
膝関節の変形へとつながってしまいます。

痛みへと移行してしまったものは、
解消するのに少し時間がかかりますが、
半月板のズレを治すことで、早期に回復するでしょう。

膝の痛みの対処法

整形外科では、痛み止めや湿布が出されると思います。
レントゲン検査でも、骨には異常はなく、
加齢による変形が多少あっても問題なしとなるでしょう。

ヒアルロン酸の注射なんかも処方されるかと思いますが、
はたしてどのくらい効いているものか疑問を持ちます。

矢作治療院では、膝の半月板調整で
個人差がありますが、1回で痛みが解消するものから、
数ヶ月かけて解消するものまであります。

ただ、矢作治療院に来院出来る方は
とてもラッキーなのかもしれません。

本来、自分で何とか調整する対処法が必要だと思っています。
今後、その対処法をまとめて記事にします。

まず知るべきことは、
半月板はズレやすいということです。

半月板はズレやすい

普通に生活していても、捻りの動作が入ります。
膝関節はある程度の捻りには余裕があるのですが、
不意な動作や酔っている時などでは、制御が効かずに
大きく捻りを入れてしまい、半月板がズレてしまいます。

体の硬さも影響していますし、体重も影響しているでしょう。
運動不足による筋力低下もあります。

膝関節を守るには、普段から筋力をつけておくことが
とても大事です。

また、歩き方、立ち方、走り方・・・
正しいものを見に付けておくことです。

 

膝に関することもちょくちょく記事にしていきます。

supported by 矢作治療院

 

 

ピックアップ記事

  1. 負(ー)の力で揉み返しは起こらない
  2. 矢作治療院について 〜施術内容、施術料金、営業時間、受付時間等〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

5月の休診日予定

2019年5月
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

木、日曜日は15時から営業

矢作治療院予約状況 twitter

矢作治療院について

矢作治療院

03-5203-0333
営業時間:
11:00~21:00 (月火水金)15:00~20:00(土)
15:00~21:00 (木、日)

受付時間:
10:00~19:00 (平日)14:00~19:00(木、日)
休診日:不定期(要確認)

初診料:¥1、080(一般、学生)
一般:¥10、800 大学生:¥7、560
中高生:¥5、400 小学生:¥3、240
3週間以内の再診:基本¥7、560
高気圧空気カプセル:¥2、160
*VIPコース:¥16、200(90分)
施術時間は約60分です。
消費税は内税(8%)です。

*各種クレジットカード、電子マネーに対応しています。

最近の記事

特集記事(テーマ)

  1. 院長ブログ

    負(ー)の力で揉み返しは起こらない
  2. 矢作治療院について

    矢作治療院について 〜施術内容、施術料金、営業時間、受付時間等〜
PAGE TOP