キャッチボールの大切さ 〜キャッチボールは野球の基本である〜

昔、横浜ベイスターズの尾花監督が実践している
投手陣の立て直し計画で、
キャッチボールの大切さを教えている。

故根本陸夫氏、廣岡達朗氏が監督時代に
いかにキャッチボールが大切かを実践していたのを
思い出す。

キャッチボールは
まず肩を大きく回し、潤滑油を隅々まで届かすかのように
楽に回せるようにしながら、徐々に体全体で
投げていくようにする。
グラブの方の腕も使い、コントロールをつけていく。
言葉のキャッチボールも大切で、
お互いに声をかけながら、
相手の顔から胸に捕りやすい送球を心がける・・・

遠投に入ってもよし、
短い距離で強めに投げてもよし・・・

キャッチボールは野球の基本である。
心して行うように

20分~30分の2セットは正解だと思います。

矢作治療院

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

矢作治療院

03-5203-0333
営業時間:
11:00~21:00 (月火水金)15:00~20:00(土)
15:00~21:00 (木、日)

受付時間:
10:00~19:00 (平日)14:00~19:00(木、日)
休診日:不定期(要確認)

初診料:¥1、080(一般、学生)
一般:¥10、800 大学生:¥7、560
中高生:¥5、400 小学生:¥3、240
3週間以内の再診:基本¥7、560
高気圧空気カプセル:¥2、160
*VIPコース:¥16、200(90分)
施術時間は約60分です。
消費税は内税(8%)です。

*各種クレジットカード、電子マネーに対応しました。

お知らせ

  1. 2019/1/28

    2月の休診日予定
過去の記事

矢作治療院公式 twitter

矢作治療院院長

矢作治療院院長の矢作晋と申します。矢作治療院は、あなたの最高の笑顔を取り戻して頂けるよう独立開業いたしました。。腰痛、膝痛、肩痛だけでなく、プロ野球トレーナー(元巨人軍トレーナー)の経験からスポーツ障害に対しても得意としています。矢作治療院に来て良かったと言われるよう日々研鑽しておりますので、ご遠慮なく何でもご相談下さい。お待ちしております。

院長プロフィール

2月の休診日予定

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

木、日曜日は15時から営業

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る