矢作式手技整体治療法について 〜世界に唯一の治療法?〜

矢作式手技整体治療法は、亡き父(矢作義孝)が独自に編み出した治療法です。父の師匠は、巨人軍の専属柔道整復師だった「吉田接骨院」の吉田増蔵先生と大阪駅近くの桜橋渡辺病院の整形外科医の畑佳成先生でした。

父は、片目がほぼ見えない状態でしたので、東京の鍼灸学校で「あん摩マッサージ指圧師、鍼師、灸師」の免許を取り、しばらくは流しで四谷、新宿辺りで仕事をしていたようです。そうした中で、新宿の小守スポーツマッサージの小守先生と出会い、プロ野球のトレーナーという道に入ったそうです。昭和29年に近鉄パールズにトレーナーとして入団。当時の選手としては、根本陸夫氏、関根潤三氏が在籍していてトレーナーとして鍛えられたようですね。プロ野球を通じて、吉田増蔵先生や畑佳成先生とも出会い、独自の治療法を研究しだしたのでしょう。
トレーナーはただの「あん摩」ではない。厳しい中で、ほとんど寝る暇もなく、選手たちの体を通して怪我や故障の治し方を工夫していたと聞いています。時には、選手の動きを真似して、自分の体を傷めつけ、それを治すこともやっていたそうです。昔は命がけだったのです。失敗があれば、腹を切るという覚悟の上、いつも短刀をもっていたようです。

矢作式手技整体治療というのは、土台である足から整え、治していくというものです。正しい体に戻していくことで早期に回復させることが出来るのです。また、空手、合気道なども習い、人体の急所を知り、それを利用するということも考えられています。人間の体というのは、とても順応能力が高く捻じれや歪を少し刺激して戻してやれば、一瞬で正しい体へと向き始めます。父は、この治療法を「復元整体」と言っていました。

私は、小学校1年生の時から側で見ていました。父からはほとんど教わっていません。父も教えていないと言っていたそうです。父が脳梗塞を起こす前日に、「俺を超えたな」って言っていたのを覚えています。子供の頃から、イヤイヤながら側に立って見ていたけど、しっかりと見るべきところは見ていたんだなと思います。

矢作式手技整体治療法は、他に類似するものがありません。まったく聞いたことがないのです。

世界一シンプルな治療法であり、世界一難しい治療法でもあります。
腰痛であれ、膝痛であれ、五十肩であれ、どんな痛みであれ、治し方はワンパターンなんです。部位や症状により治し方が変わることはありません。それだけシンプルなのです。
しかし、この技術の習得は非常に難しい。それは、手技の技術がメインではないからです。メインとなるのは治療の前の段階であり、患者さんの体の状態を把握する第三の目が必要だからです。

少々乱文になってしまいました。申し訳ありません。

世界に唯一の治療法である「復元整体」で正しい体に戻しましょう。
興味を持たれたなら、お待ちしております。

矢作治療院

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

矢作治療院

03-5203-0333

営業時間:
11:00~21:00 (平日、土)15:00~21:00 (日)

受付時間:
10:30~19:30 (平日、土)14:00~19:30 (日)
休診日:不定期(要確認)

新施術料金(平成30年1月3日より)
*夏のキャンペーン中(初診料サービス)
新規:¥14、850
一般:¥12、960 大学生:8、370
中高生:¥5、940 小学生:3、510
学生の初診料:¥1、620
3週間以内の再診:基本¥7、830
高気圧空気カプセル:¥2、160
施術時間は約60分です。

各種クレジットカード、電子マネーに対応しました。

8月、9月の休診日予定

2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
休診日予定

矢作治療院公式 twitter

おすすめ記事

  1. 院長ブログ

ASAHI GLASS GOLF, Chip Beck in Japan 1989