ギックリ腰と言われるもののほとんどは筋膜炎です。

当院に這いつくばって来院される方がいます。
所謂、ギックリ腰と言われているものです。
しかし、本当のギックリ腰は
歩いて(這いつくばって)来院できることは
不可能なんです。

ギックリ腰というのは、
腰椎捻挫というもので、腰椎周りの靭帯を
傷めてしまい、立つことも出来ないほどの
激痛が起こり、1mmも動かせない状態です。
救急車で病院送りになるほどのものです。

普通言われているギックリ腰は、
腰部筋の筋膜炎であることがほとんどです。

筋膜炎、つまり、炎症が起こり熱を持ち
筋肉本来の力が出ない状態になるものです。
力が出ない、出せない状態であるから、
体を支えることが出来ず、激痛がともないます。

どうにか這いつくばってでも来院される方々・・・

普通であれば、まともに動けるようになるには
3週間はかかるでしょう。
何も出来ない状態であれば、仕事になりません。
特に、派遣の方にとっては、死活問題です。

当院では、
1回で完璧に出来るとは言えませんが、
明日には、70〜80%程度で動けるようには
回復させていると思います。
それでも、首がつながれば助かります。

もちろん個人差や筋膜炎の程度、
炎症を起こしてからの経過時間などにより
変わります。

他のブログ記事ですが、
結果がでたものがあります。

Chip Beck 旭硝子ゴルフ in 1989

実際、ギックリ腰は難しくはありません。

四つん這いで這いつくばって来院された女性が、
帰りには、シャキシャキと歩いて帰られました。
次の日には、何も無かったかのように出勤されたようです。
まるで魔法にかかったかのように。
当然、会社の同僚も驚いていたらしいです。

2、3週間かかるだろうものを、
4日ほどで落ち着かせることが出来るのです。

再度、もちろん100%ではありません。
でも、どこに行ってもここまで良くはならないはずです。
そういう方々がここを探り当て、来院されるのです。

自慢話しではありません。
ただ、アピールしていかなければ
ここを探り当てることが出来ないので
すべては、悩める患者さんのために
今後も出しゃばっていこうと思います。

 

このブログをご覧になられた方はラッキーです。

本当に・・・

 

 

矢作治療院@日本橋

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

矢作治療院

03-5203-0333
営業時間:
11:00~21:00 (月火水金)15:00~20:00(土)
15:00~21:00 (木、日)

受付時間:
10:00~19:00 (平日)14:00~19:00(木、日)
休診日:不定期(要確認)

新施術料金(平成30年11月30日より)
新規:¥1、080(一般、学生)
一般:¥10、800 大学生:¥7、560
中高生:¥5、400 小学生:¥3、240
3週間以内の再診:基本¥7、560
高気圧空気カプセル:¥2、160
*VIPコース:¥16、200(90分)
施術時間は約60分です。
消費税は内税(8%)です。
*本年内の新規は頂きません。

*各種クレジットカード、電子マネーに対応しました。

矢作治療院公式 twitter

矢作治療院院長

矢作治療院院長の矢作晋と申します。矢作治療院は、あなたの最高の笑顔を取り戻して頂けるところです。腰痛、膝痛、肩痛だけでなく、プロ野球トレーナーの経験からスポーツ障害に対しても得意です。矢作治療院に来て良かったと言われるよう日々研鑽しております。ご遠慮なく何でもご相談下さい。お待ちしております。

院長プロフィール

12月の休診日予定

2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

木、日曜日は15時から営業

1月の休診日予定

2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

木、日曜日は15時から営業

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る